修復・お洗濯のご用命よりお客様の声をご紹介

お仏壇の修復・お洗濯専門サイト|修復.com

【フリーダイヤル】0120-89-8109 受付時間9:00〜18:00 休日:毎週火/【FAX】0584-89-9801 FAXは24時間受付/メールでのお問い合わせへ

お客様の声

ホーム > お客様の声

お客様の声

これまで数多くのご用命を賜りましたご修復の中から、お客様より頂戴いたしましたご感想を掲載させて
いただきます。

vol.1 大垣市 河村雅信  様 

江戸時代以来の由緒あるお仏壇 信頼できる業者なので安心してお任せできました/大垣市 河村雅信 様

先祖は足利義持に使えた武士・地頭の源雅信(河村分之)で、私は初代の雅信を名を継ぐ二代目に当たります。代々お守りしてきたお仏壇は由緒あるものですが、長い年月によって傷みが進んでいました。

江戸時代の享保16年(1731)に修復した記録が残っています。私の代で一度「お洗濯」をしてもらったのですが、お仏壇の納入の際にキズをつけてしまい、一から修復したいとの思いが募っていました。

平成17年に思い切って修復してもらうことにしました。永楽屋さんにお願いしたのは、作業内容や価格が明確で信頼できると感じたからです。当地には嫁が嫁ぐ際に“仏のみやげ”として仏具を持参する習わしがあったため、各宗派の仏具が混在していました。修復の際に永楽屋さんが真宗大谷派の流儀にきちんと整理してくださったこともありがたかったですね。

私が担当させていただきました

修復の見積書に「仕上げ方」「使用する金箔や漆」などを詳細に記入したほか、お預かりするお仏壇をポラロイドで写真撮影、間違いのないことを確信していただけるように心掛けました。

営業担当  河合 哲雄


vol.2 海津市 山田 勝

亡母の思い入れのあるお仏壇修復と同時にグレードアップも/海津市 山田 勝 様

元のお仏壇は、昭和50年ごろ当時70数歳だった母が「私が死んだとき貧相なお仏壇では恥をかく」と購入したものです。中古品ながら大正10年製、総檜の立派なお仏壇だったのですが、年月とともに一部が欠け、汚れが目立っていました。思い入れのあるお仏壇だけに、買い換えではなく修復して立派な姿に戻したいと願っていました。

しかし、どの仏壇屋さんも新品を勧めます。新品は大きさが違うため、床柱の付け替えまで勧めるのでした。そんなとき、永楽屋さんの営業マンと偶然路上で出会い、修復を受けてもらえることを知りました。

修復の際に念願だったグレードアップもお願いしました。両柱を太くして、全体の漆を白木に戻し、金箔を金粉加工に、金具のメッキもつや消しにするなどして落ち着きを出し、左右の瓔珞(ようらく)を木製から銅製に変更、中段に大きな阿弥陀卓を置けるようにしました。

私が担当させていただきました

木地の仕上げ変更を含む本格的な修復でしたので、職人さんと同行して詳細な打ち合わせを重ねました。大正10年製なので、お仏壇の前柱が近年のものと比べると細く、バランスを考えながら太くさせていただきました。

営業担当 河合 哲雄